《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第5話のレビュー!

涼宮ハルヒシリーズ

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ(第Ⅴ話)のあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

今までの内容はコチラから↓
《初心者向け》涼宮ハルヒシリーズ解説

ハルヒは朝倉涼子の突然の転校を不審に思い、キョンを連れて彼女のマンションに押し掛けることに。しかし結局、朝倉の足取りを掴むことが出来なかったハルヒは落胆しながら帰宅するのだった。一方キョンは古泉に呼び出され、不思議な空間に誘われる。そこでは巨大な怪物が、街を破壊していたのだった。

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴの考察・感想

前々話の朝比奈みくる回、前話の長門有希回に続き、今回は古泉一樹が活躍する回となっています。
彼は以前の話で「超能力者」であることが判明していましたが、実際にどのような能力を有しているかまでは明かされていませんでした。第五話において、彼がキョンを「閉鎖空間」と呼ばれる不思議な世界へ連れ出すシーンにおいてとうとうその正体が判明します。

彼の能力は「神人」と呼ばれるハルヒの「負の感情」が生み出した怪物を、抹殺するための力だったのです。

さて、この神人という怪物が結構気持ち悪いんですよね!
もののけ姫に「ディダラボッチ」という怪物が登場しますが、アレをもっと人っぽくした感じで不気味です。身体は光り輝いているのに、顔はのっぺりとした落書きのようで、それが神人の不可解さと凶暴さをかもしだしています。
古泉によると、ハルヒはこの神人を暴れさせることでストレスを発散しているのだとか。

で、この怪物を粛清する力を古泉が持っているらしいのですが……どうも前回長門が繰り広げた能力戦に比べると見劣りします(笑)

とはいえ古泉をはじめとする能力者たちが赤い光線に姿を変え、シュバシュバッと神人に向かって行く様子は滅茶苦茶カッコいいんですよ。
ただ、神人が恐ろしいくらい呆気なく斬られて倒されてしまうのがどうも物足りない!

せっかくの古泉回なのですから、もう少しスペクタクルがあって欲しかったです。個人的にはですけどね。

さて、今回は古泉回であると申しましたが、第五話は実はそれだけではありません。
ハルヒが自分のマイナス面を独白する、重要な話でもあります。

ハルヒは3年前に、自分が世界の中で「物凄くちっぽけな存在である」ことに愕然としたと、キョンに告白します。
自分がちっぽけな存在であることを自覚する、なんていうのは、思春期になれば誰もが一度は経験する感情だと思うのですが、ハルヒはそれに相当ショックを受けたようです。
彼女は今まで自分がいた世界が、突然色あせて見えた……ようにまで思いつめてしまったんですね。まさにこの感情こそ、涼宮ハルヒの「憂鬱」なのでしょう。

今までの元気いっぱいなハルヒには、憂鬱なんてものは存在しないようにも思えましたが……彼女にもこんな負の感情があったことが証明された訳ですね。ここで私はやっと、何故この作品のタイトルが「涼宮ハルヒの憂鬱」なのかということを理解しました。

このことから解るように、第五話は作品の根っこの部分に関わる重要な内容を含んでいるのです。

さて、皆さんお気づきかもしれませんが。
涼宮ハルヒの世界は、「3年前」というワードが非常に重要になっています。
朝比奈、長門、古泉……これら全ての重要人物たちが、「3年前」の大異変をきっかけにハルヒのもとへ集まるのです。
そしてハルヒが「憂鬱」を初めて感じたのも……3年前です。

古泉が言うように、ハルヒがこの世界を創ったのであれば……。
涼宮ハルヒの「憂鬱」こそが、世界の根源ということになります。
彼女は自分のいるその時の世界に憂鬱を感じ、新しい世界を創ってしまったと解釈出来る訳です。

さて、この解釈を頭の中に入れつつ次話を見てくだされば、もっと内容を深く掘り下げてお考えになることが出来ると思います。

そしてもう一つ。
この話では長門、古泉、そして朝比奈の全員がキョンに「気をつけて」と警告を発します。(朝比奈だけは前話ですね)
何を気をつければよいのか、キョンには全く見当がつかない訳ですが……理由は次回、やっとお解りになるでしょう。予想しながらお楽しみください。
ここまで見たら、必ず次話も見てください。絶対もったいないですよ!

まとめ

第五話は古泉一樹の能力が明かされ、そして涼宮ハルヒの「憂鬱」の正体が語られた回でした。

ここまでで、主要人物の紹介は終了になります。
次回から第五話までの内容を踏まえた話が広がっていきますので、展開を予想しつつお楽しみいただければと思います。

現在Huluで「涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送場)」を配信中です。終了している可能性もありますので、加入される前に確認してください↓


涼宮ハルヒの憂鬱 3 限定版 [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました