《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第4話をレビュー!

涼宮ハルヒシリーズ

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ(第四話)のあらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

今までの内容はコチラから↓
《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第1話をレビューしてみた!
《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第2話もレビューしてみた!
《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第3話をレビュー!

突然クラスメイトの朝倉涼子に殺されかけるキョン。人間ではあり得ない力を使って襲いかかる朝倉に成す術もないキョンだったが、長門が助けに入り事態はさらに深刻に。キョンと長門の運命はどうなるのか。そして、未来からもう一人の朝比奈みくるも現れる。彼女は「白雪姫」という謎の言葉を残して去るのだった……。

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳの考察・感想

注・考察の性質上、若干のネタバレが含まれます。苦手な方はご注意ください。

第四話は涼宮シリーズで1、2を争う人気キャラ「長門有希」が大活躍する回です!
宇宙サイボーグである長門有希の能力が爆発します!

物語の発端は、キョンのクラスメイトである朝倉が本性を現したことから始まります。
普通の人間を装っていた彼女ですが、実は長門と同じ「情報統合思念体」が生み出した「宇宙人」だったんですね。使命も長門と同じで、「ハルヒの観察と情報収集」です。

しかし、彼女の考えは長門と違ってかなり強硬派。
涼宮ハルヒが目立った行動を起こさないことに、ずっと朝倉はイライラしていたんです。ハルヒが動かなければ、彼女は情報を収集することが出来ませんからね。
朝倉が本当に恐ろしいのは、ここから。「なら涼宮ハルヒを動揺させればいいじゃないか!」という勝手が解釈をし、ハルヒのお気に入りであるキョンを殺そうとしちゃうんですよ。

いやぁ、恐ろしい!
「穏やかそうで実は凶暴」っていう人がいますけども、まさに朝倉はそれです。
で、あまりの凶行に長門が怒り、キョンを救出しにかかるわけです。

そして、ここからがこの第四話の見ものシーンです。
宇宙人同士の彼女達が、自分の能力を全開にして電脳空間で戦うわけです!
いやぁ、ここで繰り出されるワザの数々や、目まぐるしく展開される背景はかなりスゴイ!

しかし、それだけで終わらないのがこのアニメ。キョンを守りながら戦う長門が、剣で串刺しにされちゃったりするんです。うーん、結構ショッキングです。

でも長門は表情ひとつ変えません。淡々と、戦いを続けるんですね。彼女には痛覚がないのでしょうか……さすが宇宙人。
こういうところは、新世紀エヴァンゲリヲンの超人気キャラ「綾波レイ」にそっくりです。彼女のファンが多いのも、そういうところが関係しているのでしょうか。

とにかく、今回は長門の戦闘シーンがカッコ良くて仕方がない話となっています!
それだけでなく、キョンが長門にキュンとしちゃうシーンも盛り込まれています。

この回を見れば、長門の男性人気が異常に高いのもうなずけるでしょう。かくいう私は女性ですが、不覚にも長門にキュンとしてしまいました。

能力が高くて、感情を見せないタイプなのに本当は謙虚で健気で優しい。
好きにならずにいられようかっ!って感じですね(笑)

まとめ

第四話は「長門有希の魅力が爆発する回」といえるでしょう。
長門有希というキャラを知りたければ、必ずこの話はみるべきですね。

しかし第四話はそれだけでなく、後に繋がる「謎」のタネが撒かれる回でもあります。
未来の朝比奈みくるが発した「白雪姫」という言葉、そして「この時代の自分と仲良くするな」というメッセージ……かなり重要です。
これをしっかり頭に入れながらなぞ解きすると、第五話以降がもっとおもしろくなりますよ!

現在Huluで「涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送場)」を配信中です。終了している可能性もありますので、加入される前に確認してください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました