《初心者向け》京アニ不朽の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」が再配信!第1話をレビューしてみた!

涼宮ハルヒシリーズ

涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版)がHuluで再配信中

出典:https://www.amazon.co.jp

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、まさに京アニの代表作といえるアニメです。

この作品の概要や京アニの魅力については
前回記事→10年の時を超えて、京アニ永遠の名作「涼宮ハルヒの憂鬱」を振り返る
に譲るとして、今回は懐かしいこのアニメを一話ずつレビューしていきます。

古い作品ということもありますので、出来るだけ初見の方に寄り添った内容にしようと思います。
既にハルヒを御存じの方は、「懐かしいな~」という気持ちを共有してくださると嬉しいです。

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ(第一話)のあらすじ

どこにでもいる平凡な男子高校生(愛称・キョン)は、入学早々かなり変わった同級生「涼宮ハルヒ」と同じクラスになる。いつも不機嫌で不可解な言動を繰り返す彼女だったが、ふとしたきっかけで「SOS団」なるものを共に創設することになってしまう!

涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰの考察・感想

注・考察の性質上、多少なりともネタバレが含まれます。苦手な方はご注意ください。

まず冒頭は涼宮シリーズらしいキョンの一人がたりから始まりますね。
このアニメに慣れ親しんだ私のような人は「懐かしいなぁ」と思うところですが、初見の方は「なんだこれ?」状態でしょう(苦笑)

タダでさえ置いてけぼり状態になる序盤ですが、物語中盤には
ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら私のところに来なさい。以上!」という意味不明なセリフと共に涼宮ハルヒご本人が登場します。
しかももう一人の主人公たるこの美少女は、気は強い、態度はデカイ、常に不機嫌、やることなすこと意味不明……!

ますますもって理解不能な展開に、面喰らう人もいらっしゃるでしょう。実際、こうやって文字に起こしたからわかるのですが……やっぱり無茶苦茶です(^^;)
しかし、これこそが涼宮ハルヒワールドなんです!
独特すぎてついて来られないという方もいるでしょうが、まだ視聴はやめないで!

第一話の醍醐味は、まさにここから。
涼宮ハルヒが「自分で部活を創る」ことを思いついてから、一気に物語が走りだします!
ハルヒが疾風怒濤の勢いで部室を確保し、今後の重要人物であるキャラクターを拉致同然で入部させる様子はまさにジェットコースター!
このスピード感こそがこのアニメの魅力なのです。


……さて、ここまでしっかり見てくださった方は、もうお解りになると思います。
「涼宮ハルヒの憂鬱」とは、ハルヒのエネルギッシュな暴走をただただ鑑賞する作品なのです。

そして勘のいい方はお解りになっていると思いますが、そんなハルヒはタダの人間ではありません。様々なキャラクターの思惑や事情が絡み合った、複雑な謎も物語には隠れているのです。
第一話ではそれぞれのキャラクターの存在と、物語の大まかな流れ、そして何より涼宮ハルヒという人物の人柄を感じていただければ十分だと思います。

そして大切なのはエンディングソング!
ハレ晴レユカイ」というこの曲は主要キャラのダンスが可愛いと話題になり、アニメファンに一大ムーブメントを巻き起こした名曲です。
注目はなんといっても「京アニクオリティ」を世に知らしめた滑らかなダンスアニメーションですね。京都アニメーションの実力が存分に発揮されたエンディングをご覧ください。

まとめ

さて、ここまで長々と書いて参りましたが。

第一話に関しては、ほとんどが物語の世界観と主要人物の紹介という内容がほとんどです。
ですから、ここで作品の空気感を感じていただければ、本編たる第二話からしっかりお楽しみいただけると思います。
だからどうか、「なんだかよくわからないな」と感じても視聴をやめないでください。
第一話は最後まで見てこそ価値がありますからね!

現在Huluで「涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送場)」を配信中です。配信終了もありますので、加入される前に確認してくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました